【方法は主に4つ】お酒を査定をしてもらう!@ファイブニーズの場合

お酒の査定方法“電話査定”を利用する


ファイブニーズには様々な査定方法がありますが、そのなかでも定番と言えるのが電話査定です!

電話査定はファイブニーズで用意されている買い取り専用のフリーダイヤルを利用して、電話口で買い取りスタッフに手持ちのお酒の査定をしてもらう方法。

スタッフの方の「銘柄は何ですか?」「製造年はいつですか?」など、お酒に関する簡単な質問に答えるだけで買い取り金額を教えてもらえます。

お酒の査定額や疑問が聞ける

電話査定は電話口で買取スタッフの方に査定額をその場で教えてもらえるので、様々ある査定方法のなかで一番査定額を早く知れるのはこの電話査定です。

さらに、なぜその査定額になったのか、買取金額を高くするコツ、今強化買取されているお酒など、お酒買い取りに関する疑問についても教えてもらえるのが嬉しいですよね!

フォームの入力をする手間が省ける

特にスマホやパソコンで文字を打つ作業が苦手、面倒だという方にもおすすめです!

査定に必要な情報は全て口頭で済ませることができるので、手元にお酒があれば、買取スタッフの方の質問に答えていくだけ。

難しいパソコンの操作や長い文章入力の必要もありません!

非対面のため交渉がしやすい

店頭買取のように直接買取スタッフの方と顔をあわせる必要が無いのも電話査定の特徴です。

なので、顔を合わせると質問するのがはばかられる、値段交渉したくでも言い出せない…なんていう方にも電話査定はおすすめ。

顔を合わせず、声だけなので比較的リラックスして会話できますよね。

携帯電話やPCの操作が苦手でも大丈夫

入力の必要が無いことはもちろん、フォームへの入力、メールのやりとりなどの操作の必要もなし!

いくらスマホが普及したと言っても、携帯電話やPCの操作が苦手な方はまだまだ多いです。

そうした方でも気軽に買取査定をお願いできる電話査定は、アナログに近い方法ではあるものの馴染みやすいのも事実なので、高齢の方にもおすすめします!

お酒の査定方法“オンライン査定”を利用する


逆にデジタル派、スマホやパソコンの操作に慣れている方におすすめなのがオンライン査定です。

オンライン査定は特に最近できた査定方法ではあるものの、スマホやタブレット端末からの査定がとても簡単なので、利用者を今メキメキ伸ばしてる買取方法です!

やり方は簡単で、専用フォームにお酒の銘柄や状態、製造年を打ち込むだけで買取依頼を済ませることができちゃいます。

24時間査定受付可能

オンライン査定はメールの要領で営業時間外であっても送っておけば次の営業日に業者がチェックして、査定額を返信してもらえます。

特にファイブニーズであれば、とてもスピーディに返信をもらえるのでオンライン査定を申し込んだ当日、または翌営業日には返信が返ってくるのが便利です!

携帯電話やPCがあれば簡単に行える

オンライン査定は、携帯電話やPCを使うことができればいつでもどこでも依頼することができます。

極端な話、手元にお酒がなくても、銘柄などを覚えておけば仕事の合間や休み時間にオンライン査定の依頼を依頼することだってできちゃいます。

スキマ時間を利用していつでもお願いできちゃうのは、とても便利ですよね!

お酒の査定方法“LINE・写メ・画像査定”を利用する


特に最近増えているのがLINE・写メ・画像査定です!

私もこの査定方法を使って手元のお酒をファイブニーズに買い取ってもらいました!

LINEの公式アカウントやメールアドレスに、買い取って欲しいお酒のラベルの写真を撮影して送るだけ。銘柄の入力や状態の説明など、文章の入力の必要がほとんどないのでとても手軽です!

気軽に業者とやりとりが可能

特に最近では利用している方が多いLINEでの査定は、普通のメッセージのやりとりと同じようにスマホを使って業者と査定額のやりとりができます。

査定額の理由や質問についても気軽に相談・交渉ができちゃうのが嬉しいですよね。

顔を合わせないので対面では緊張してしまう方でも大丈夫です!

より確定に近い査定額が知れる

お酒って、同じ銘柄でも年代によって査定額が大きく違ったり、筆記体のアルファベットで書かれていて銘柄が読めないものもあったりしますよね。

そのことから査定額と実際の買い取り価格が大きく違ったっていう利用者も多いんですけど、写真を送る場合はそうした情報の伝達ミスなく正確な買取希望のお酒を伝えられます。

お酒の状態を伝えやすい

特に査定額に大きな影響をもたらすのがお酒の状態です。

ラベルが汚かったりすると、当然査定額は下がりますが、それを文章や口頭で伝えるのはとても難しいです。

ですが、そのお酒の状態も写真を送れば一目瞭然で、さらに実際の買い取り価格に近い金額を出してもらえるのも、便利なところですよね!

お酒の査定方法“FAX査定”を利用する


お酒の査定方法として忘れてはいけないのがFAX査定です。
FAX査定は、ファイブニーズ公式サイトに公開されている専用の用紙をダウンロードして印刷し、そこに買い取って欲しいお酒を手書きで書いてFAXで送る方法です。

オンライン査定で良いのでは?って思う人もいるかもしれませんが、特に高齢の方や個人店を営んでいる方にとってはFAX査定はとても人気です。

大量のお酒を買い取って欲しい場合は銘柄を入力するだけでも大変なので、手書きの方が楽という場合もあるんですよね。

特に大量買取を考えている方は、FAX査定も候補に入れてみてください!

24時間査定受付可能

FAXもメールと同じく、営業時間を過ぎていても送っておけば次の営業日に業者の方がチェックして、査定額などを電話などで返してくれます。

時間を気にせずに査定の申し込みができるので、多忙な方や平日昼間はあまり時間が無い方でも利用しやすいですよね!

携帯電話やPC、話すのが苦手でもOK

用紙さえ用意すれば、あとは手書きとFAXで済ませることができます。

特に携帯電話やPC操作に慣れていない高齢者の方でも、電話やFAXなど昔からある通信手段であれば手軽に利用できます。

もし家族や知人など、高齢でオンライン査定などは覚えるのが大変そうな方なら、FAX査定を選んでみてください。

査定額に納得いかない場合は相談&断ることも可能


FAXで査定額のやりとりをして、査定額に納得すればそのまま出張買取や宅配買取を利用することになりますが、納得いかない場合は業者の方と相談することもできます。

相談や断りの連絡は、電話やメールで済ませることもできるので、査定額の返答が返ってきたときに検討してみてください。

もちろん、電話で査定額の理由について質問することもできますよ!

ファイブニーズの特徴についてはこちらで詳しく解説