お酒を飲みすぎた時のツライ二日酔い対処法と事前の飲みすぎ対策

二日酔いのメカニズムはまだ解明されていない

お酒を飲みすぎると悩まされがちなのが二日酔いですよね。

特に私も若い頃は酔いつぶれるほどお酒を飲んでも二日酔いになることはなかったんですけど、20代後半になるにつれ二日酔いの頻度は増えました。

二日酔いで体がだるくて、「もうこんなにお酒は飲まない…」そう決意しても次の日には「お酒美味しい!」って飲む、そんなループを繰り返す20代後半を過ごしてきています(笑)

実は、二日酔いって、どうしてそれが起こるのかっていう医学的なメカニズムはまだ解明されてないんですよね!

二日酔いは様々な要因が関係している

二日酔いの要因としてよく話が出るのが、肝臓でアルコールを分解した時に発生するアセトアルデヒドという毒素です。

これが体内に溜まることで、体が疲労して二日酔いの症状が出るのでは、と言われていますが、厳密に見るとそれだけではないことが言われています!

なぜなら、発生したアセトアルデヒドはすぐに分解されるので、お酒を飲んだ翌日にはアセトアルデヒドはもうほとんど分解されきっているから。

そのことから他にも要因があるのでは、と様々な説が挙がっています。

  1. ・アセトアルデヒドの分解によるブドウ糖の欠乏
  2. ・アルコールによるホルモンバランスの崩れ
  3. ・アルコールによる脱水症状の誘発
  4. ・お酒に含まれるエステルなどの不純物が体に合わない

これらが必ず要因になっているわけではなく、また他に解明されていない決定的な二日酔いの要因がある可能性もあります。

ですが、現状はこれらの症状が複雑に絡み合うことで、二日酔いという症状が起こっているのでは、と言われているんです!

お酒を飲む前にできる二日酔い対策「サプリを服用」


お酒は好きでも二日酔いになりたくないと思う人は少ないですよね!私もなりたくないです!

それなら、二日酔いにならないように予防するのが一番です。

もちろんほどほどに飲むのが一番ですが、仕事の付き合いなどでたくさん飲む場合は二日酔いや悪酔い予防に効果があるサプリメントの服用をおすすめします!

ヘパリーゼやウコンの力など、薬局には二日酔いに効くサプリメントがたくさん販売されているので、ぜひ飲み会前、飲み会後など適切なタイミングで飲むようにしてくださいね。

安心できて効き目のあるヘパリーゼZが個人的には最もオススメです。

初回980円!ヘパリーゼZ!

飲み会などが始まってからでは抜け出せないこともあるので、あらかじめポケットに常備しておけば二日酔いで後悔することは確実に減ります!

二日酔いになってから「飲み過ぎなければよかった」と後悔してしまいますよね。忘れないうちにあらかじめ先手を打っておかなければまた後悔してしまいますよ!

他にも二日酔い対策に効果的な工夫は様々あります!ここでいくつか二日酔いにならないための工夫についてご紹介します!

積極的に水を飲むことも有効

お酒は水分ですが、アルコールには利尿作用があり、トイレが近くなります。

それと同時に、身体の中の水分が抜けていくことにも繋がるので、実はお酒を飲んでも水分補給にはならないんですよね。

血中アルコール濃度を減らすためにも、お酒はもちろんソフトドリンクを挟んで適度に水分補給をしましょう。

ちなみに一日の水の摂取目安量は体重の4%が必要で、50キロの女性なら約2リットル必要になってきます。

家にウォーターサーバーがあれば酔いに対処できますし、あのdreamserverなら小さく場所も取らず、2リットルのペットボトルをそのまま設置できるので飲んだ量を簡単把握できます!

市販ペットボトルがそのまま使える【ドリームサーバー】

お酒を飲みすぎた時は「しじみの味噌汁」


しじみに含まれているオルニチンには、肝臓に溜まったアセトアルデヒドの分解を促すので、お酒のシメに飲むことで、二日酔いを軽減させる効果があるとされています。

特にオルニチンの分解効果を取り入れたいならお酒のシメに。また、翌日の場合も効率的な水分補給とミネラル補給にしじみの味噌汁は効果が高いです。

二日酔いに悩まされがちな方は、ぜひ簡単に作れるインスタントのしじみの味噌汁のストックを用意しておくことをおすすめします!

ひどい症状の時は「二日酔い点滴」


特に症状がひどく、仕事や次の日の生活にも支障が出そうな場合は病院で二日酔い点滴を受けるのもおすすめです。

点滴を使えば、食事よりも早く効果的に身体に必要な栄養素を取り入れることができますよね。

二日酔い点滴ではアルコールの代謝を早める効果がある成分を点滴することになります!

もちろん点滴は万能ではないですし、やりすぎはNGですのでお医者さんと相談しながら点滴を打つようにしましょう!

迎え酒で二日酔いは治らない


ここで気をつけて欲しいのが、民間療法として昔からよく言われている迎え酒です。

その名の通り、二日酔いの状態でお酒を飲むことで、二日酔いの症状を緩和させようという治し方なんですけど、これ、一切効果ありません!

迎え酒をすると確かにアルコールで酔うことで体調不良が緩和された気になるかもしれませんが、お酒の利尿作用によって、さらに脱水症状が起きやすいです。

脱水症状は肌の乾燥にも繋がるので、健康にも美容にも悪影響しかありません。ですので、迎え酒は絶対にNG。

酔った体のメカニズムを知ることで、適切な二日酔い対策を行なってくださいね!

飲み過ぎて後悔してばかりなら、禁酒をするのもいいかもしれません。無理なく禁酒する方法はこちら